アイリストは資格者の採用が多い

最近求人情報を見るとアイリストという職業があるのを目にします。

あまりなじみのない言葉ですが、若い女性はこのアイリストにまつ毛をいじってもらった経験があるのでは?と思います。

アイリストというのは目元の美容師とも言われています。
人工的なまつ毛を自分のまつ毛に植毛したり、目つげパーマを行うなど、まさしく目元を演出してくれる技術者のことです。

求人の中にはアイリストの資格なしでもOKとされている事がありますが、最近はどの美容室でも、資格を取得している技術者を採用することが多くなっているようです。
『アイリストに必要な資格その他情報サイト:アイリスト求人ナビゲーター

実は無資格者、経験が少ない美容師さんがまつ毛パーマやまつ毛エクステを行ったことで、トラブルとなり訴訟問題となるようなことも起こっているからです。

勿論資格がなくても、経験と実績が高い美容師さんもいます。
しかし、まつ毛という目に非常に近いところを扱う職業となるため、専門知識などもしっかり持っておく方がいいと、経験が長い美容師さんについても、資格取得を求める場合が多くなっています。

アイリストは、美容師免許を取得していないと行うことができません。

その上でアイリストの協会や美容室独自の資格などを取得することが求められています。

最近は美容学校の授業の中で、アイリストとしての専門知識を学ぶなど取り入れられていることもありますので、これから美容師を職業としていきたい方は、アイリストの勉強もしっかり行っておく方が、より求人応募の際有利になるでしょう。