アイリストの検定試験「3級」

Posted on

アイリストになるための検定試験には1級から3級まであり、そのうちベーシックライセンスと呼ばれる3級については、技術者として認定されるということではなく、これから技術者として学び始めるという方の試験で、美容師免許の有無は関係ありません。

受験資格も受験日当日における年齢が満18歳であること、という条件なので、高い壁となる条件ではありません。

美容師の学校に行っている学生さんなどもベーシックライセンスを取ることでアイリストとしての基礎知識を理解することができるため、この先、役立つ知識となるでしょう。

またこの検定試験には、美容師免許が必要にないということで、エステティシャンやネイリストなども積極的にチャレンジしています。

3級ではまつ毛のエクステについて、どのようなものなのか概要を理解するとともに、基礎的な知識を養います。

このベーシックライセンスを取得しておくことによって、アイリストという技術者としての技術提供はしなくても、基礎知識を活かしてお客様の相談などに乗ることができます。

そのため、エステティシャンやネイリストなど、まつ毛エクステやってみようかなというお客様の相談を受ける可能性がある方々もライセンス取得を考えているのです。

この先、美容師として求人を求める際、将来アイリストになりたいと考えるのなら、このライセンスを取得しておき、さらにその先の検定試験を受ける事も考慮して行くといいでしょう。

技能を持っていなくても知識があると認識されれば、求人応募も有利に運ぶ可能性があります。